免疫力を高めるには生活習慣を見直そう|病気にならない体を作ろう

年齢に負けない

食事

免疫力とは外敵の侵入を防いだりがん細胞などの害のある細胞を死滅させる自己防衛力ですが加齢で低下します。免疫力を決める免疫細胞の七割は腸にあります。腸内環境を整える為ヨーグルトや和食を取ったり早寝早起きや運動をする事を心がけましょう。残り三割は自律神経と関わりが深いので笑顔でいる事が有効です。

Read More

病気にならないために

ファミリー

病気を予防するためには、免疫力を高めることが重要です。まずは食物繊維など、免疫力の向上に特化した栄養素を多く摂り入れるようにしましょう。また、日常的な運動やマッサージなども、併せて行うと効果的です。

Read More

免疫力の低下を防ぐ

男女

免疫力を活性化

免疫力が低下すると、様々な病気や感染症にかかりやすくなります。免疫力は不規則な生活習慣や心身のストレスや運動不足などの影響を受ける事によって下がると言われており、免疫力を高めるには規則正しい生活習慣を送る事や、心身のストレスを軽減させる事や、適度な運動をする事が必要です。免疫力を高めるには一体どのような生活習慣や運動をすれば良いのでしょうか。まず、生活習慣の面では、腸内環境を整える整腸作用のある食品や、抗酸化作用を持つ食品を積極的に取り入れた食生活を送りましょう。腸内がきれいになれば、体調も良くなり免疫力が高くなります。また良質な睡眠を取るために、寝る前には湯船に浸かって入浴をして体を温めるようにしましょう。運動面では、激しい運動は免疫力を低下させてしまう原因となってしまうため、軽い運動を取り入れるようにします。

高める時の注意

先程も挙げた通り、免疫力を高めるには、規則正しい生活習慣や心身のストレスを解消させる事や適度な運動をする事が必要です。免疫力を高めるための工夫を行ったとしても、免疫機能を妨げる事を行ってしまうと、効果があまり実感出来ない事に繋がります。そのため、免疫機能を低下させる喫煙はしないようにして、過度な運動は心身共にストレスを与える原因となってしまうため、過度な運動は控えるようにします。また、免疫細胞を作るために整腸作用や抗酸化作用を高める効果のある食品を摂ることが大事ですが、同時にタンパク質を摂る事を心がけるようにしましょう。タンパク質は卵や豆腐、豚もも肉などに含まれているので、日頃から取り入れやすいものとなっています。免疫力を高めるにはこのような事に注意しながら、規則正しい生活習慣を送り、心身共にストレスを与えないようにして、適度な運動をする事が大切です。